コンスタンティン + CONSTANTINE


2005年 映画館にて
結論:設定の好き嫌いで評価が真っ二つに分かれるかも

この映画。
実はアメコミが原作の映画だったらしい、というのは。
映画を観終わった後パンフレット購入後に知ったお話です。
毎度おなじみ。

さてこちら、結論から言えば個人的には面白かったです。
話自体にキリスト系(十把一絡げで申し訳ないですが)の宗教観念が終始、絡んでいます。
天国や地獄の住人は直接干渉して人間に影響を及ぼすことができない。
が、何者かの暗躍によって天国、地獄、現世(?)の保たれていた均衡が崩れ始めて。
地獄行きが決定している「自分」の魂の救済のために悪魔祓いを生業とするコンスタンティンが立ち向かう、といった感じ。
ド派手なアクションも、背筋が凍りつきそうなほどの怖い演出もとくにはありませんでしたが。
途中で飽きて睡魔が襲ってくることもなく、見せ方が結構うまかったような気がします。
何より。
作中に出てくるキーワードが、話を追っていくと自然に「ああ、こういうことかな?」と理解できるようなつくりになっていたので。
予備知識を入れずに見た割には、楽しんで話に入り込むことができました。
また、キャラクターもそれぞれに特徴があり、話にすんなり入り込める一助となったのですが。
特にコンスタンティン(キアヌ・リーブス)のひねくれっぷりはなかなかのもので。
肺がんを患い、忍び寄る死の恐怖に怯えているくせに重度のヘビースモーカー。
そりゃ医者にも命の期限、宣告されるわ。
(でも、最後に口の中に放り込んだのは禁煙ガム?)
ちなみに。
スタッフロール後のシーンに妙に納得。
確かに「ただのガキ」だったな。(K)

オフィシャルサイト:http://constantine.warnerbros.jp/

【映画情報】
[CD]Constantine(サントラ)
[GAME]Constantine(サントラ)