テーマ:ジョニー・デップ

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

2008年 映画館にて 結論:ゴシックな映像が綺麗 話自体はどこをどうとっても復讐なお話。 メインの登場人物もそんなに多くないし、流れそのものはシンプルな感じ。 ただ、ミュージカルという独特のテンポも手伝ってか、テンポ良く人がご臨終していきます。 おかげでその辺りはどうしても目が泳いでしまいましたが…。 この辺の流血…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド + PIRATES of the CARIBBEAN

2007年 映画館にて 結論:まあ、区切りはついたかな やっと封切り(正式日時で)されました!パイレーツ・オブ・カリビアン第三弾! ってことで、今回は先行に都合をつけられなかったので一般公開初日である今日、早速見てきました。 なんか、前作以上に重い雰囲気で始まった今作は、ちょこちょこっと笑い所があるものの 基本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト + PIRATES of the CARIBB

2006年 映画館にて 結論:そこで終わるのかー! 待望のパイレーツ・オブ・カリビアン第二弾! ということで、とりあえず先行と一般公開初日に見てきました。 …って、感想書くのに随分とタイムラグが生じてますが。 さておき。 前作同様、笑いどころが満載。 ジャック船長の変人っぷりには勿論さらなる磨きがかかってる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ティム・バートンのコープスブライド + TIM BURTON'S Corpse Bride

2005年 映画館にて 結論:ホネ三昧。 私利私欲に満ちた思惑が渦巻く現世は常に薄暗く、身も心も開放的で他人のために一喜一憂できる死後の世界がやけに明るくて賑やかってのはいかにもな感じかな? 森の中で一人、結婚式の練習する主人公(ビクター)のプロポーズから生じたコープスブライド(死者の花嫁)との奇妙な婚姻関係を経て、周…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャーリーとチョコレート工場 + Charlie AND THE CHOCOLATE FACTORY

2005年 映画館にて 結論:ウンパ・ルンパ最高。 基本は貧しくとも幸せだと感じるチャーリー少年と一家の前に舞い降りたゴールデンチケットを皮切りに繰り広げられるファンタジー(?)だと思うのですが。 そこはやはりティム・バートンというところでしょうか。 見事にそこはかとなくブラックなテイストが満ちております。 そこに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

+ FOMAテレビ電話のCM曲 +

チャーリーとチョコレート工場のジャパンプレミア…行ける人いいなあ。 気がつけばジョニー・デップが来日していた状況だったので、羨ましがるぐらいしかできないこの切なさ。 切ないついで(?)に公式覗いてみたら、なにやらジョニー・デップTV登場予定とか更新されてるし。 せめてコレだけでもチェックしておくか。 オフィシャルサイト:チャーリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パイレーツ・オブ・カリビアン + PIRATES of the CARIBBEAN

2003年 映画館にて、2003年~ DVDにて 結論:ジャック船長ー!! …と。 結論が結論になっていない上にタイトルも中途半端な状態ですが。 呪われた海賊たち(THE CURSE OF THE BLACK PEARL)の方です。 まあ、現時点ではコレしか出ていないので間違えようもないとは思いますがとりあえず。 来…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ナインスゲート + The Ninth Gate

2005年 地上波放映にて 結論:内容をすっきり理解するには1回見ただけじゃ難しいかも。 古本屋(?)の主人公・コルソが金持ちのオーナー・バルカンに依頼されて悪魔が執筆の手助けをしたといわれる書物について調べていくうちに不可解な事件が身の回りで起こっていく、といった話。 オカルト物なのですが、見た目的には怖くはないです…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シークレット・ウィンドウ + SECRET WINDOW

2004年 映画館にて 結論:ジョニーデップが好きなら必見(かも?) この映画の導入部分をざっとかいつまんでみると。 人気作家である主人公・レイニーの前にシューター(ジョン・タトゥーロ)と名乗る帽子の男が現れて、レイニーの昔の小説を自分の盗作だと糾弾し結末の書き換えを要求してくる。 お互いゆずらずごちゃごちゃやっているう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネバーランド + Finding Neverland

2005年 映画館にて 結論:ただの感動モノかと思いきや、意外と重い映画。 実在の少年をがモデルとなって作られた、ピーターパンのメイキングストーリー。 劇作家ジェームズ・バリとデイヴィズ一家との交流がとてもあたたかい気分にさせてくれます。 しかし、根底には一家との交流が深まるにつれ冷えていく夫婦関係、父親をなくした日…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more