テーマ:映画

地球が静止する日

劇場予告・TVCMを見てると なかなかに面白そうだったので先日見てきました。 ジェニファー・コネリーが知的な美人さんだったのと、 表に出てる感情は少なめだけど中で戸惑ってたり色々考えてるかもな感じの キアヌ・リーブスの演技は結構好きでしたが。 ただ、内容は 「え?それで納得しちゃっていいの?」とか 「反省してなさそうな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トロピック・サンダー 史上最低の作戦

ジャックブラックが出ていたので、興味本位で見に行ったのですが。 演出が気持ち悪くて(特に比較的始めの辺り) 笑いのツボがいまいち分からないお話でした。 ウケる人にはウケるんでしょうけどね~。 ただ、最後のスタッフロールでは目玉が飛び出そうなほど驚きました。 事前情報をろくに仕入れていなかったので、 ある意味、久々にクリテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

容疑者Xの献身と「最愛」

最愛(DVD付)UNIVERSAL J(P)(M) 2008-10-01 KOH+ Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ドラマを見ないので、「ガリレオ」は初めてだったのですが。 堤真一さんの、哀切漂う真摯な石神の役作りは 映像の中で一段と際だっていたような。 容疑者Xの献身、なかなかに面白かったです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

2008年 映画館にて 結論:それなりに楽しめたかな 上映終了間際かなーってタイミングですが、映画館まで足を運んできました。 このシリーズを観るのは今作が初めてだったので、 特に先入観もなく途中途中に入る地味なギャグ要素を 笑いながら楽しめたと思います。 ハリソン・フォードも歳を考えるとどうしても「すごいなー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

2008年 映画館にて 結論:ゴシックな映像が綺麗 話自体はどこをどうとっても復讐なお話。 メインの登場人物もそんなに多くないし、流れそのものはシンプルな感じ。 ただ、ミュージカルという独特のテンポも手伝ってか、テンポ良く人がご臨終していきます。 おかげでその辺りはどうしても目が泳いでしまいましたが…。 この辺の流血…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GOAL!

2008年 DVDにて 結論:意外に面白い 何かのDVDの予告集に入れ込まれていた「レアル ザ・ムービー」と間違ってレンタルしちゃったこの映画。 実際に見てみたら意外とちゃんと楽しめました。 話としてはサッカーを題材にした主人公の王道なサクセスストーリーで、随所に「映画だからねえ」な強引な展開は見られたのですが。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイアムレジェンドと「I Shot The Sheriff」

予告につられて、先頃「アイアムレジェンド」を見に行ったのですが。 内容に関しては実に、だまされた勘が否めないので感想はこの際述べない方向で、曲についていじっておこうかと。 あ、でも。 これから映画を見に行こうと思っている人でちょっとでもホラーな感じが苦手な人は気をつけた方がいいかも。 さておき。 主役のウィル・スミスが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TVドラマ&映画「スシ王子!」

KinKi Kidsの光一くんがでかでかとテレビ番組雑誌の表紙を飾っていたので、 つられて目を通してみたのですが。 「スシ王子!」て。 もう、どこをどうとっても立派にアホっぽい…(笑) んでも、心惹かれるアホっぽさです。 面白いのかな? ちなみに、7月27日(金)からこのTVドラマがスタートするらしいんですが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド + PIRATES of the CARIBBEAN

2007年 映画館にて 結論:まあ、区切りはついたかな やっと封切り(正式日時で)されました!パイレーツ・オブ・カリビアン第三弾! ってことで、今回は先行に都合をつけられなかったので一般公開初日である今日、早速見てきました。 なんか、前作以上に重い雰囲気で始まった今作は、ちょこちょこっと笑い所があるものの 基本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

+ パイレーツオブカリビアンなグッズ(?) +

ベルメゾンネットがパイレーツオブカリビアンな特集を組んでいるらしく。 そのページを、友人に教えてもらって早速見てみたのですが、 パーカーとかキャミソールとかが結構かわいい♪ ベルメゾンネット パイレーツ・オブ・カリビアン特集 ただ問題は、着るタイミングをかなり限定されてしまいそうな辺り。 ま、当然でしょうが。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

+ ナイトミュージアムとEarth Wind&Fire +

2007年 映画館にて 結論:深く考えずに楽に観れる娯楽映画。 ちょっとでもいいからシンプルに笑えることを期待して、先日(つっても既に10日以上は経過してるかも)観に行ってきたのですが。 思った以上にアホなノリでいい感じに笑えました。 とある事情により夜間警備員として自然史博物館で働くことになった主人公が、艱難辛苦(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

+ パイレーツオブカリビアンとキリンレモンBLACK +

出かけて食料品売り場やコンビニなどに寄ると、必ずドリンクやお菓子のコーナーで新商品を探して買うのが習慣になっているのですが。 今日はドリンクの新商品コーナーが何やら黒々としていたので、とりあえず直行。 正体はKIRINが出しているKIRIN LEMONの新商品「キリンレモンブラック」なるブツだったのですが。 問題は中身よりもそのパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

+ 蟲師 +

2007年 映画館にて 結論:原作ファンにはオススメしない。 午前中の早い段階で映画館に行っていたのですが、何故か異様に人が多く元々観る予定にしていたナイトミュージアムを観ることができず…。 仕方がないので、観たい映画の中で一番先に終わる確率の高そうなものを観ることにし、急遽、映画「蟲師」を観ることにしたのですが。 残念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

+ ホリデイの主題歌(?) +

3月24日に封切りの映画「ホリデイ」のテレビCMをさっき見たのですが、実にいい曲をテーマ曲に使っているようで。 しっとりとした名曲「We're all alone」が流れてきて思わず聞き入ってしまいました。 ざっと調べてみたところ、こちらではボズ・スキャッグス(Boz Scaggs)オリジナルではなく、リタ・クーリッジ(Rita…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

+ どろろ +

2007年 映画館にて 結論:意外に楽しめた。 いつも一緒に映画を見に行く連れの希望でどろろを本日見に行ってきました。 相も変わらずたいして予備知識を入れていなかったので、分かっていることといえば「どろろってゲームであったよね」ぐらいのものだったのですが。 特に期待していなかったからでしょうか。 意外にも結構楽しめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

+ 蟲師予告 +

3月に公開される映画・蟲師の予告を、今日始めてテレビで見ました。が。 これってば、なんてオドロモノ? …って、感じがしたんですけど。 原作好きだし、オダギリジョーは嫌いじゃないし、ためしに一回は観に行ってみるかなーと思っていたのですが。 予告で見た雰囲気だと、ちょっと何か違う気がする…。 観に行かない方が無難なのかなあ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

+ 犬神家の一族とアンジェラ・アキ +

さすがは正月。 いつもよりは暇があるみたいです、ということで。 ふらふらとネットをさまよっていたらアンジェラ・アキのタイトルリストの中に何故か犬神家の一族のサントラを発見。 何故に?と思いつつチェックしてみたら…。 アンジェラ・アキの新曲「On&On」ってのが入ってるし。 とりあえずサウンドトラックバージョンって注釈が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

+ ナチョ・リブレ、ちょっと見てみたいかも +

観に行くタイミングをつかめないまま、いつの間にかゲド戦記が終わってるし。 ていうのは、まあいいとして。 映画館行く度に気になっていたポスターの主が、このナチョ・リブレ。 主演のジャック・ブラックが出ているスクール・オブ・ロックは映画館に観に行った上にDVDまで購入しちゃったんで。 大笑いか半笑いか。 笑いの質はさておくにし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

+ プラダを着た悪魔の主題歌? +

自分的に大当たりな音楽&映画にぶち当たっていないせいか、みょーに「○○の主題歌」など場当たり的なタイトルが連続して登場していますが。 こないだテレビをつけてたら、KT Tunstallの「Suddenly I See」が流れてきてちょっとびっくり。 何でだ!?と思って画面を見たら、どうやら「プラダを着た悪魔」って映画の主題歌(?…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ブレイブストーリー + BRAVE STORY

2006年 映画館にて 結論:ゲームしたいなあ。 そろそろ映画館での上映が終了してるかもですが、折角観に行ったので一応記事にしておこうかなってことで。 大まかには色々と不幸に見舞われた主人公が、自分の運命を変えようと扉の向こうの世界「ヴィジョン」に行って成長する話、かな。 話とか流れは見事にロールプレイングゲームとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

+ マイアミバイスの主題歌 +

映画そのものに対して「面白いのかな~?」と様子見段階なもので、見た瞬間疑問に思ってても家に帰ってくると忘れてしまっていたマイアミバイスの主題歌(?)について。 予告を見ること数回目にして、遅まきながらようやく検索かけてみたのですが…なんと!! 実はその曲が持ち合わせているアルバムの中にありました、な第二弾と相成りました。 …
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト + PIRATES of the CARIBB

2006年 映画館にて 結論:そこで終わるのかー! 待望のパイレーツ・オブ・カリビアン第二弾! ということで、とりあえず先行と一般公開初日に見てきました。 …って、感想書くのに随分とタイムラグが生じてますが。 さておき。 前作同様、笑いどころが満載。 ジャック船長の変人っぷりには勿論さらなる磨きがかかってる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

+ ウルトラヴァイオレットの主題歌? +

主題歌…なのかな? 予告で流れる女性ヴォーカルの曲が凄くいいなあ、と思って調べてみたらなんと! 既に自分が持っているjemのアルバム「finally woken」(5曲目の「24」)の中に入っていました。 うわーお。 あんまり聞かないから気づかなかった模様です。 なんとももったいない話。 サビの部分で前面に出てメリハ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

+ パイレーツ2予告 +

映画を見に行くたびに、割とパイレーツ・オブ・カリビアン~デッドマンズ・チェストの予告を見れているのですが。 ダ・ヴィンチコード鑑賞前に流された予告の中に、新しいバージョンのパイレーツ2な予告を見ることができました! ジャック船長の元彼女が出てきたり、エリザベスが海賊チック(?)な格好をしていたりと、ちょっと踏み込んだ内容になってたよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒストリー・オブ・バイオレンス + THE HISTORY OF VIORENCE

2006年 映画館にて 結論:ヴィゴかっこいい。 田舎町で静かに暮らすトム(ヴィゴ・モーテンセン)一家が、トムが経営する店に強盗が押し入ったのをきっかけに家族としての繋がりや信頼が揺らいでいってしまって、さあどうなるの?といった話。 タイトルにあるとおり、色んな意味で暴力が基本になっているのでR15指定になっているよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

+ ラストデイズ +

「カート・コバーンに捧ぐ」というキャッチコピーのこの映画。 3月中旬に上映開始だったらしいのですが、地元の映画館では見かけなかったような…。 ここ最近ではヒストリー・オブ・バイオレンスとかリバティーンとかタイムラグがあって上映開始、というパターンの映画もあったのでラストデイズにもそれを期待していたのですが。 どうやらダメっぽい? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

+ ゲド戦記予告 +

そういえば、ナルニア国物語を見たときに流された予告の中に、スタジオジブリの次回作「ゲド戦記」の予告が流れてました。 この作品、宮崎吾朗監督の初作品ってことで。 どんな感じなのかなあと、結構興味があるのですが。 実際にスクリーンで予告を見て、何となくナウシカやラピュタの頃の雰囲気があるような気がして、個人的には期待大!かな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女 + THE CHRONICLES OF NARNIA

2006年 映画館にて 結論:ビバ、ライオン。 疎開先の屋敷にある衣装ダンスから踏み入れることのできるナルニア国へ訪れた4人の兄弟達のお話、といったところでしょうか。 最初、疎開先がどーたらっていう数少ない予備知識を失念していたので、唐突に空襲の映像が流れ始めたときには入る劇場をうっかり間違えてしまったのかと正直、焦り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラ座の怪人 + THE PHANTOM OF THE OPERA

2006年 DVDにて 結論:眠い。 オペラ座に棲む怪人に導かれて成長したプリマドンナとファントム、幼馴染の青年貴族が織り成すラブストーリー。 …だったらしい。 原作も他の映画も舞台とかもまったく見た事がなかったので、オペラ座の怪人つったら恋愛とミステリー(サスペンス?)色が半々ぐらいで構成されてるものなのかな、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プライドと偏見 + PRIDE&PREJUDICE

2006年 映画館にて 結論:意外と楽しめた。 予備知識は中世(?)っぽい世界観ぐらいかな? ひたすらキーラ・ナイトレイを目当てに見に行った映画です、が。 まとまってて地味に笑いどころもあって、見終わった後に「見たぞー」っていう充足感を得られた感じ。 内容は18世紀末の女性の人生観というか結婚観を廻って繰り広げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more